不妊治療と双子の記録。

ちょこちょこブログ名を変えています。あまり知られていないIVMについて詳しく書こうと思っていたら初回で双子を授かりました♪

秋晴れ。

今日は久しぶりにカラっと晴れて気持ちいい1日です☆

今年は台風のせいで秋晴れの日が本当に少ない!!気分が天気に左右されるのは昔からでしたが、つわりも天気に左右されるとは思ってませんでした。

ここんとこずっと曇りや雨で洗濯物も溜まりがちだし、胃もモヤモヤするしで気分も晴れなかったのですが、今日は久しぶりのいい天気!!朝から洗濯して掃除機かけて、フラに行って体動かしたら更に元気になりました。最近は家ではブラは外してるんですが、今日は外さなくても大丈夫なくらいモヤモヤも引っ込んでいます。これから秋晴れの日が増えるといいな!!

さて、天気のほかに最近のワタシを悩ませているもの、それは首にできた湿疹です。数日前に1つ赤くてカサカサしたものができたと思ったら、どんどん増えていって今は5、6コあります(><)痒いし髪の毛があたるとチクチクする。たぶん原因は何年かぶりに引っ張り出してきた枕だと踏んで今日干しました。

何年かぶりに枕を使うようになったワケは、横向きに寝ると朝、肩がガチガチに凝るようになったからです。今まではずっと仰向けで寝ていたのでタオルを薄く畳んだものをひいていました。でも胃がモヤモヤするようになってからは仰向けでは寝られず、数年ぶりに横向きに寝ることにしています。

原因が本当に枕なら、もう被害が広がらないはず!!

どうかお願いしますm(・_・)m

3日目の二日酔い。

タイトルはBank Bandの『昨日のNo, 明日のYes』の歌詞ですが、ここ2~3週間ぐらいずっとこの言葉がピッタリな体調です。

二日酔いの翌日って他の人はどうか分からないけど、私の場合は3日目にはだいぶ回復してる。でも名残がまだ胃に残ってて、ちょっとでも調子に乗ったらすぐぶり返しそうな、油断できない感じ。なんか胃がちょっとモヤモヤしてるけど本当に気持ち悪いのではなくて、前日のイメージが残っているだけなのかも。。という状態です。

で、今回は二日酔いではないので本当に胃のあたりがモヤモヤしてるワケなのですが。家にいるとけっこう気になるのに、外出すると気にならなくなるという、気分と連動してるモヤモヤです。これがつわりというヤツなんだろうけど、これがどんどん悪化するのか、それともこのレベルのまま終わってくれるのかとても気になります。一般的なつわりのピークはこれかららしいのでハラハラ。今のところ、食べたいものが少し変わったぐらいで食事は普通に摂れてます。どうにかこのままでいけますように☆

 

昨日の超音波では双子ちゃん、元気に心臓動かしてました。ただ双子妊娠で一番重要な膜性について聞いてみたら、一番安全なDDではないと言われちょっと落ち込みました。DDは双子の間にしっかりした壁があり、胎盤も別々なのでお互いにしっかり成長できます。その次にリスクが低いMDは薄い壁があり胎盤は共有なのかな?で、一番リスクが高いMMは完全にひとつの空間に2人いて胎盤も共有。これは一人が栄養摂りすぎるともう一人が栄養不足になったり、お互いに絡まったり危険なのです。

正確に膜性が分かるのは10週ぐらいみたいですが、心配しすぎてもお腹に悪そうなので気楽に行こうと思います。

今の不妊クリニックは来週で卒業予定!!その後は普通の妊婦検診デビューです♪♪

衝撃の事実!

胎嚢確認の一週間後の診察。

黒い風船(胎嚢?)のなかに白いダンゴみたいなのがありました。(上の部分は赤ちゃんではなく栄養分かな?)そして初めて心拍確認できました!!前回はここまで来られなかったので赤い印がピコピコしてて、今まさに動いてるって分かったときは嬉しかったなぁ。

そして先生が黒い風船をほかの角度から映していくと別のダンゴも張り付いています。私はこれも栄養とかなのかなと思っていると、「ふたごちゃんですね~」と先生。ええ~~~~っ!!!これはまったく想像してませんでした。この瞬間はとにかく面白くて、笑いそうでした。こちらも心拍ありました。

診察が終わって待ち時間のときに多胎妊娠のことをスマホでいろいろ調べたら、まぁ~出てくる出てくるマイナス情報。早産になりやすい、妊娠高血圧症になりやすい、安定期がない・・・。さっきの笑えた気持ちが一気に冷めてしまいます。

夜になってから家族に報告。妊娠のことも初めて伝えました。今まではちょっと気持ちが揺れてたけど、これは里帰り出産しかないし、多胎分娩してくれる病院を探してもらうことに。不安は尽きないけど、2人目不妊に悩む必要がなくなったと思って前向きに過ごそう!!

 

日常生活はと言えば、せっかく買ったもののコーヒーを飲みたいとあまり思わなくなり、最近はグレープフルーツジュースやポンジュースを飲んでいます。グレジュは昔から100%の苦めのが好きですが、オレンジジュースがこんなにおいしいとは!

あと、最近はどこに住もうかと悩んでいます。ずっと転勤族だったこともあって私たち夫婦は2、3年に一度引越ししてきましたが、子供がいるとなるとそうはいかない。ましてや双子の面倒を親戚も知り合いもほとんどいないこの地でちゃんと見られるのだろうか。。久しぶりに前向きな悩みですが、けっこう重大です。。

最近の日常。

妊娠反応前後からの体調の変化を思い出せるだけ書いとこうと思います。

 

自分の中で妊娠超初期症状としてまず思い当たるのはトイレです。いつもは朝8時ぐらいに目覚めるまでトイレのために起きるなんてことはないんですが、胚移植から1週間後ぐらいから夜中や明け方にトイレに起きるようになりました。夜中に起きるのもビックリですが、明け方に行きたくなるときはまずトイレを我慢して基礎体温測ってからトイレに駆け込むという状況でした。最低4時間は寝てから測らないといけないので、6時過ぎにトイレ行ってから4時間も寝てられません!!

頻尿が妊娠超初期症状であることは知っていたけど、これだけで期待するワタシではありません。この時期は薬も大量に飲んでいたので、いつもより水分を多く摂っていたからトイレが近くなった可能性が高いと思っていました。そしてこの症状は妊娠判定の前日ぐらいからなくなってしまいました。。

 

2つ目の症状は下腹部が中からつまようじで刺されているようなチクチクする痛み。これは妊娠判定出てから感じるようになりました。そしてこの痛みは前回の妊娠のときもあり、私のなかでは信頼できる妊娠超初期症状だったのですが、このチクチクがあったにも関わらず普通に生理がきたこともあって信頼はなくなりました。今回は判定後だったのでどっちでもいいですが。そしてすでにチクチクはなくなり、それも少し不安。

チクチクの代わりに昨日はお腹がギュッと絞られるような感覚があり、これはだいぶ不安になりました。

 

あとは、大好きだったチョコ系のクッキーとかに惹かれなくなってきたことかな。ゼリーとかスッキリしたものの方が食べたくなります。でも気分が悪かったりはないなぁ。

 

大好きなBLENDYのかわりにカフェインレスの水出しアイスコーヒーを見つけました!朝はどうしてもパンとコーヒーをやめられないので、せめてコーヒーだけでもカフェインレスに変更。ホットコーヒーのカフェインレスはいろいろあるのにアイスはあまり種類がなく、スーパーで見つけたときは嬉しかったです!!

f:id:newstream:20160912171159j:plain

胎嚢。

妊娠反応から1週間、無事に胎嚢を確認できました。

先生から「順調ですよ~」と言われ、安心しました。

子宮外妊娠ではなかったということで第2の関門をクリアです。

この1週間はけっこう人の多い場所に行ったり、1泊で京都に行ったりして疲れることがまぁまぁあり、ちょっと心配してたので良かった。

これからはもうちょっとゆったり過ごそう。

2年半ぶりにエコーの写真をもらいましたが、待合室では堂々と見られないので、バッグの中でそっと覗いて少し感慨に耽りました。

そして先週と同じ注射(プロゲステンボー)をして、同じ薬を受け取りました。

薬を待っている間、ちょうど先週私が受けた薬の説明をされている人がいて、「あ、今日妊娠反応がでたんだ!」と少し嬉しくなりました。

来週は早ければ心拍が確認できるそうです。

第3の関門、無事に越えられますように!!

そしてまた薬。

妊娠反応が出てから、おなじみの薬に加えて新たな薬も処方されました。

おなじみのものは、ダクチル、ルトラール、ビタミンEで毎食後1錠ずつ。

あとエストラーナテープという、シールタイプのものをお腹に4枚貼り、これは2日毎に新しいものに貼り換えます。

そしてもう1種類はルティナス膣錠といって膣に入れる錠剤なんですが、タンポンみたいな仕組みで薬を入れます。これが1日3回。この薬がやっぱり1番気を使うというか、なんというか。。飲む薬と違って食後とかではないから時間の融通はきくけど、外出してるときとかきれいなトイレじゃないと嫌だしやっぱり気になります。4時間は間隔を空けないといけないし、薬入れたあと2時間は湯船に浸かったらダメとかで、結局風呂上りにしてます。

これも明日見えるかどうかの胎嚢のため!!!見えてくれ~!!!!!

妊娠反応。

判定日の昨日、あれこれ考えてもしょうがないので開き直ってダンナと出かけました。まずは腹ごしらえして満腹になったところで、大量に処方された薬の最後の1錠×5種類を飲んでいざ出陣!!

病院に着いたらとりあえず採血です。最近はカルテに書いてあるのか、看護師さんから「ベッドで採りましょうか」と言ってくれるのでありがたいです。ダンナがトイレに行ってる間に採血はあっさり終わりました。1時間後の診察で結果発表です。

待ち時間に助成金の申し込みをしました。私の場合は市町村ではなく大阪府への申請。今回が初回で、採卵から胚移植までなので最高額の30万円が出るはず。補助の期間は採卵のスケジュールを作成した日からが対象だそうですが、計算すると49万ぐらい払っているので19万は自己負担です。胚の凍結や融解、顕微授精とかで一般的に言われている値段より高くなってるのかな。まぁもともと値段が高い病院と知ってて転院したから問題なしです。

あとは病院内のカフェでゆず茶(ハニー入り)を飲んだり、持ってきた本を読んだりして、なるべく気を紛らわせながらそわそわしないように過ごしました。

そして1時間以上経ってから呼び出しが!!おそるおそるドアを開けて「ダンナも一緒にいいですか?」と言いながらも、院長先生のにこやかな顔に何かの気配を感じます。そして「おめでとうございます」と言われました。150以上で陽性というHCG値が350を超えていました。そのときの心は「あ、そうなのか」という、いたって冷静なものでした。対照的にダンナは分かりやすく喜んでました。その後は予定日を言われ(ダンナの誕生日と1日違い)、これからの流れを説明されました。体外受精の場合の週数の数え方も丁寧に教えてくれました。

先生にお礼を言って診察室を出て「あぁ、やっと1つ目のハードルを2年半ぶりに越えられたんだな」と思いました。素直に喜べなかったのはこれからも何があるか分からないと知っているから。(書いてなかったけど)2年半前、不妊治療を始めてわりとすぐに2回目のタイミング法で妊娠したけど7週ぐらいで流産。心拍も確認できずに終わりました。それから何回タイミング法やっても人工授精やっても着床さえしなかったのです。その一番最初のハードルをやっと越えられたことには安堵、でもちゃんと成長するのだろうかという不安。考えても仕方ないけど、やっぱり不安の方が大きい気がします。落胆よりはいいけどね。

そしてお尻に注射打って薬(シールとか膣に入れるものも!)もらって終わりです。

その後は「結果が良くても悪くても行こう」と行っていた阪急うめだのスヌーピー展に行って物色しまくり、スヌーピーのロールケーキでテンションがやっと上がりました☆久しぶりの梅田でウロウロしてたらだいぶ疲れてしまって、そのうえ帰りの電車も立ちっぱなしで(誰か臭い人もおった)、過ちを繰り返さないためにももう少しおとなしくしようと思った判定日でした。

一週間後、胎嚢が見えますように!!!